えりこえりこ

こんにちは^^
ダイエット&美活マニアのえりこです^^

最近、よく聞く
糖化、抗糖化。
化粧品にも
抗糖化に特化してる
商品があったりするし
糖質制限ダイエットは、
ダイエットの定番の一つに
なってきてるし、
糖が、美容と健康に
深いつながりが
ありそうなので調べてみたの。


糖化とは?

たんぱく質や脂質が
糖と結びつくこと。
血液中に余分な糖分があると、
体内のたんぱく質や脂質と
結びついて変性させ、
老化促進物質である
AGEs(糖化最終生成物)エージスを
作り出してしまうの。



この反応を「糖化反応」と言うのね。
加齢によって
この物質が蓄積することから,
age(エイジ、加齢)にちなんで
“AGE”または”AGEs”と
名付けられたみたい。


糖化は体のコゲ

糖化は「体のコゲ」とも呼ばれているの。
糖化は、食事などから摂った
余分な糖質が
体内のたんぱく質などと結びついて、
細胞などを劣化させる現象。



これが進むと
肌のシワやくすみ、シミ
などとなって現れちゃうんだから
糖化 恐るべし。


ホットケーキを作るときに、
こんがりと焼けて褐色になっていくのも
糖化の一例。



ホットケーキに含まれる
「砂糖」が、
卵や牛乳などの
「たんぱく質」と
結びついて変性しているの。



カラメルやクッキーでも
同じ現象が起きているの。



食物の場合の糖化は、
こんがりと
いい香りがする反応だけど、
同じことが
人間の体内で起きると、
とんでもない現象を
引き起こしてしまうの。


糖化がもたらす美容へのダメージ

糖化によって肌のハリを保つ
コラーゲン繊維が破壊されると、
肌は弾力を失ってしまうの。



肌の真皮では
コラーゲンの糖化により
線維が固くなり、
ハリ弾力の低下を引き起こす等、
肌老化の原因の一つになる
と言われているのね。


また、
糖化によって生み出された
老廃物が皮膚の細胞に沈着すると、
シミやくすみとなって
肌の透明感が失われるの



髪のたんぱく質が糖化すると、
髪のハリやツヤがなくなっていくのよ



ホットケーキやクッキーの
表面でわかるとおり、
糖化によって生まれるAGEは
褐色で硬いのが特徴だけど、
AGEが肌や髪に影響を与えると、
年齢よりさらに老けた印象となるからね。


糖化は健康にもダメージ

糖化が血管や内臓に影響を与えると、
もっと深刻。



血管の組織が
糖化によってもろくなると
血管壁に
炎症が起こりやすくなって、
動脈硬化となるリスクが高まるの。



当然動脈硬化が進行すると、
心筋梗塞や
脳梗塞などの心配が
出てきてしまうからね。



また、
腎臓は体内を巡って
老廃物を含んだ血液をろ過して
尿を作るんだけど
ろ過する膜は
たんぱく質でできているから、
これが糖化してフィルター本来の
働きを失ってしまうと
腎機能が低下してしまうの。



血液中のたんぱく質が
尿に漏れ出すことで、
尿たんぱくの症状が出てしまう。



さらに骨では骨粗鬆症、
目ではドライアイや白内障、網膜症なども、
糖化が引き起こしている
と言われているの。


糖化は、アルツハイマー病との関連
指摘されていて、
健常な高齢者の脳と比べて、
アルツハイマー病患者の脳には
約3倍のAGEが蓄積されていた
という報告もあるんだって。



また、
糖尿病患者は
腎臓や目の細い血管が
AGEによってもろくなってしまうため、
合併症になる危険性が高まるの。



このように、
糖化は「老化」と「病気」の大きな原因
となってしまうのね。


若い頃は、
ただただ痩せたい、
綺麗になりたいだけだったけど、
40代になった今、
やっぱり
健康面も気になるからね。
いかに健康的に美を保つか
大事だと思ってる今日この頃。


若い子だって、
不健康な痩せ方の子よりも、
健康的な体型の子の方が
ずっと魅力的だと思うけど
若い頃は見た目重視思考なのも
私にも若かりし時代が
あったからわかるわ^^;


糖化しない為にはどうすればよいか

糖化を引き起こす代表的な糖は
「ブドウ糖」と「果糖」。



ブドウ糖の元は
砂糖と炭水化物です。
摂り過ぎて
余ってしまったブドウ糖は、
タンパク質や脂肪と結びついて
悪玉の老化物質に化けるの。


体の中の余分な糖が増えれば、
糖化は進んでいく。



糖化を予防する為には低GI値食品

糖質の量が血糖の上昇に関係するの。
GI値とは、
その食品が体内で糖に変わり
血糖値が上昇するスピードを計ったもの。



ブドウ糖を摂取した時の
血糖値上昇率を100として、
相対的に表されて
GI値が低い食品ほど、
血糖の上昇が遅くなるの。



だから、血糖値が急激に上がる
食品は控えることが大事
になってくるのね。


たとえば、じゃがいも、白米、コーンフレーク
などは高GI食品



スポーツドリンクに含まれる
果糖ブドウ糖液等は
特に糖化しやすいので要注意。



果糖ブトウ糖って、成分表示をみると
スポーツドリンクに限らず
色々なものに入っているから
注意が必要。



健康的なイメージで売ってる
乳酸飲料なんかも、
一番最初に、果糖ブトウ糖が
書いてあったりするからね。



成分表示は、その食品に含まれる
含有量の多い順から書かれているから
注意してみることをお勧めします。


逆に野菜全般はGI値が低い。


糖化を抑える食物は白より黒

白米より玄米、食パンも全粒粉のものにすれば、
血糖値の上昇は低くなるの。


空腹の時間が長くなると、
同じ摂取カロリーでも
血糖の上昇が急激になるから、

欠食するよりも3食摂った方が
血糖の上昇という面では
いいのかもしれない。


また、血糖値が上がるのは
食物が腸に届いたとき。
食物繊維は
腸への移動を遅くするだけでなく、
吸収も緩やかにするから、
食べる順番も大事で、
ベジタブルファーストで
まず野菜から食べるという事が
血糖の上昇を抑える意味でも
効果的なの。


糖化予防には運動&睡眠

基礎代謝のUP!
基礎代謝を上げて、
糖を消費しやすい身体を作ることも大事。
筋トレなどは効果的♪


睡眠時には
成長ホルモンが作られて、
成長ホルモンが増えると、
代謝が活性化し肌にハリが与えられるの。
運動と睡眠は
成長ホルモンの分泌を促し、
美肌へ導いてくれるから大事。


総評

糖化を防ぐ三つの原則。
1.糖を制限する。
2.食べる順序を考える。
3.運動に睡眠。


ダイエット経験者なら
当たり前のような事だけど、
痩せる為にも、美容のためにも
血糖値の急激な上昇を
防ぐことが大切なのね。


でも糖でしか
栄養をとれないのが脳だから
過度な糖質制限は危険だと思う。
意識しながら
適度に行う事も大事だと思います。


えりこのお墨付き商品一覧

色々な商品を試してきた私が
実際に使ってこれはおススメできる!!!
というものだけを一覧にしました。

詳しいレビュー付きです♪

是非見てみてください^^

えりこの無料相談受付中

私はこれまで沢山の
ダイエット&美活に
関する商品を実際に購入して
試してきました。


高いものもチープなものも
効果があったもの
効果がなかったもの
色々試した経験から
あなたのダイエットや美活に関する
お悩みの手助けになれれば
嬉しいです^^


遠慮なさらずに
どうぞお気軽にメールくださいね^^